ガラス交換の際には面格子の設置で防犯効果を高めよう!

防犯に役立つガラス交換をすれば安全性が高まる

空き巣の侵入経路を断つ~ガラス交換で安心を手に入れる~

点検

安心できる住まいづくりのためには防犯対策は欠かせません。その方法のひとつにガラス交換があります。ここでは防犯に役立つガラスをご紹介します。

ガラス交換が求められるガラスとは

もしご自宅の窓ガラスが網入りガラスだから防犯対策ができていると安心されているようでしたら、それは要注意です。一般的な網入りガラスに防犯効果はなく、火災が起きたときに隣家への燃え移りを防ぐ役割しか持っていません。また一般的なガラスも同じように防犯効果はまったくないと言えるのです。空き巣に狙われたら簡単に窓を割り、侵入されてしまうでしょう。そのような窓の場合はガラス交換をして防犯性を高めることをおすすめします。

防犯アドバイザーからの一言メモ

空き巣のほとんどはガラスを破って侵入します(防犯アドバイザー)

空き巣の侵入経路はさまざまですが、その中でも約7割を占めているのが窓ガラスを割っての侵入です。このことからも窓の防犯性を高めることは、住まいや財産を守ることには欠かせないポイントといえます。ではどのような防犯対策を行なえばよいかというと、窓に面格子を設置するのが効果的です。空き巣は面格子を嫌がるうえ、目隠しにもなるので設置するご家庭が増えています。

防犯性を高めるガラス~防犯ガラスとは~

空き巣の侵入口となっている窓ですが、防犯ガラスにするだけでも防犯効果は高くなります。防犯ガラスとは、板ガラスと板ガラスの間に中間膜を挟むことで割れにくくした窓ガラスです。空き巣は突破に時間がかかることを嫌がります。一般ガラスと比べて穴をあけるのに時間がかかる防犯ガラスなら、たとえガラスを割られたとしても侵入を諦める可能性は高いといえます。犯罪を未然に防いで安全に暮らすためにも、防犯ガラスへのガラス交換をおすすめします。

犯罪抑止効果が期待される面格子

窓の見た目で防犯対策された家だとわかれば、空き巣も侵入を諦めるでしょう。そのために役立つのが「面格子」です。

面格子のメリット

防犯対策として窓に設置されていることがひと目でわかるのが、面格子です。防犯ガラスの場合、空き巣はガラスを割って初めて防犯対策をしていることに気づき、侵入を諦めるか、そのまま無理やりにでも侵入を試みようとします。侵入されなくとも割られてしまえばガラス交換が必要になり、余分な出費が増えてしまいます。しかし、面格子が設置されていれば空き巣が手を出すことを諦めるので、ガラス交換にかかる費用を抑えられるのです。

面格子に関するQ&A

本当に高い防犯効果が約束されるのですか?
面格子の防犯性は高いですが、中には設置してもバールなどで壊されてしまうこともあります。より効果的にするのであれば、面格子と防犯ガラスをセットで取り付けるのがおすすめです。例えば、安全性を重視するなら防犯ガラスにガラス交換し、ステンレス面格子を使用しましょう。ただし、ステンレスは丈夫ですが値段が高いので、代わりにヒシクロス面格子に交換するだけでも防犯効果は違います。他にも縦面格子やエコ面格子もありますが、値段が安くなる分、防犯性も下がってしまうでしょう。

TOPボタン
空き巣の侵入対策なら面格子と防犯ガラスのセットでガラス交換がイチオシ